蛍光X線分析装置 (XRF)

試料にX線を照射する際に発生する蛍光線の波長と強度を測定することにより、非破壊で構成元素定性分析およびその含有量(定量分析)をppmオーダーで検出することができる装置です。

初心者も自分で操作できますが、その場合スタッフの勤務時間中とします。



概 要
【仕様】

機種 : 理学電機 ZSX-100e
X線発生部 : 最大出力…4kW
  定格電圧…60kV
  定格電流…150mA
X線スペクトロメータ部 : エンドウィンドウ型X線管 (Rh)
試料交換機 : 48ターレット
試料寸法 : 51mmφ X 30mmH
試料マスク径 : 5mmφ,10mmφ,30mmφ
試料回転 : 30rpm
一次フィルタ : Zr
分析方式 : 波長分散型
ゴニオメータ : θ-2θ-θ 3軸独立駆動方式
分析可能元素 : B 〜 U
使用ガス : PRガス (CH4 10%,Ar 90%)

【維持管理担当者】

七村 和彰 ( TEL/FAX : 7188 ),nanamura@gm.
※ : E-mailは末尾に kagoshima-u.ac.jp をつけてください。
機器分析施設連絡先 : TEL/FAX 099-285-7188

【設置場所】

理工系総合研究棟 6階

【特徴】

試料にX線を照射する際に発生する蛍光X線の波長と強度を測定することにより、非破壊で構成元素 (定性分析) およびその含有量 (定量分析) をppmオーダーで検出することができる装置です。

【注意事項】

使用時には、ガラスバッジの着用が必要です。

[ページの先頭へ戻る]