高速X線回折装置 (XRD)

X線の回折現象を利用して、試料の結晶構造に関する情報を調べ、化合物の同定する装置です。
従来の装置の約100倍の感度を持つ検出器を搭載し、試料を水平に保持したまま分析できるので、液体試料も脱落の心配なく、迅速かつ容易にデータを取得することが出来ます。
多くの化合物のデータを内蔵し処理ソフトも装備しています。

初心者も自分で操作できますが、その場合スタッフの勤務時間中とします。



概 要
【仕様】

・@種 : PANalytical X'Pert PRO MPD
X線発生部 : 出力 3kW
  方式…高周波インバータ
  最大kV…60kV(1kVステップ)
  最大mA…60mA(1mAステップ)
  安定性…±0.005%(メイン変動10%)
X線管球 : 焦点サイズ 0.6mm X 12mm (LFF)
  絶縁方式…セラミックス
  フォーカス交換…容易(調整不要)
  ターゲット…Cu
ゴニオメータ : 方式 縦型 θ-θ方式
  θ走査角度範囲(管球側)… -15 〜 181 °
  2θ走査角度範囲(検出器側)… -40 〜 220 °
  測定可能範囲… -15 〜 165 °
  角度設定再現性…±0.0001 °
  駆動モータ…DCモータ
  角度検出方式…光読み取りエンコーダ式(DOPS)
  バックラッシュの有無…無し
検出器 : 高速半導体検出器 エクセラレータ
  最大計数率…4,000,000cps以上
  モノクロメー…有り
防X線エンクロージャー : 材質 鋼鉄 12mm
  フロントガラス…鉛 3mm 等量
  漏洩X線…1μSV/h 以下
データ処理 : コンピュータ 日本語ウィンドウズベース
  ファイル形式…XML(XRDML)
  ソフトウェア…日本語対応
  レポート機能…有り(MS-WORDへ出力)
冷却水送水装置 : 方式 空冷室内設置型
  安定性(設定温度に対して)…±0.5℃以内

【維持管理担当者】

久保 臣悟 (内線 : 7188),kubo_s@gm.
※ : E-mailは末尾に kagoshima-u.ac.jp をつけてください。
機器分析施設連絡先 : TEL/FAX 099-285-7188

【設置場所】

理工系総合研究棟 6階

【特徴】

従来の装置の約100倍の感度を持つ検出器を搭載したX線回折装置です。
試料を横に設置できるので試料の脱落の心配もなく、迅速かつ容易にデータを取得することが出来ます。

【注意事項】

使用時には、ガラスバッジの着用が必要です。

[ページの先頭へ戻る]