小型プレス機

蛍光X線分析用試料を作成するため、粉体を加圧成形する装置です。アルミ,エンビ等のリングの中に粉体を入れ、加圧するだけで簡単に試料が作成できます。



概 要

【維持管理担当者】

七村 和彰 (内線 : 7188) , nanamura@gm.
※ : E-mailは末尾に kagoshima-u.ac.jp をつけてください。
機器分析施設連絡先 : TEL/FAX 099-285-7188

【設置場所】

理工系総合研究棟 6階

【特徴】

粉体試料を加圧成形し、蛍光X線分析用試料等を作成するための装置です。アルミ,エンビ等のリングの中 に粉体を入れ、加圧するだけで簡単に試料が作成できます。

【作成例】

(岩石粉末)
1. 試料成形用ダイスにアルミリング(φ35mm)を乗せる。
2. アルミリングの中に岩石粉末をムラが無いように敷き詰める。 (岩石粉末の場合約6g)
3. 試料成形用ダイスの蓋をかぶせ、プレス機にセットする。
4. プレス機右のレバーを前後にスイングさせてゆっくり加圧していき、20tonに達したら30秒保持する。
5. レバーの下のネジを緩め減圧し、試料を取り出す。

[ページの先頭へ戻る]