液体クロマトグラフ質量分析装置

ハイブリッド トリプル四重極リニア イオン トラップ テクノロジーにより、1 回の分析でスクリーニング,同定,定量を実行できるようになりました。

初心者の使用時間は、スタッフの勤務時間中とします。



概 要
【仕様】

機種 : AB SCIEX 3200QTRAP(LC部は島津製作所 LC-20を使用)
検出器 : CEM(パルスカウント方式)
イオン源 : Turbo Ion Spray,APCI
スキャンモード
  MSスペクトル採取 : Q1 Scan,Q3 Scan
  MS/MSスペクトル採取 : Production Ion Scan,Precursor Ion Scan,Neutral Loss Scan
  定量 : Q1 Multiple Ions(Q1 SIM),Q3 Multiple Ions(Q3 SIM),MRM

【維持管理担当者】

澤田  剛(内線 : 3164), sawada@gm.
右田 公成(内線 : 7188), migita@gm.
※ : E-mailは末尾に kagoshima-u.ac.jp をつけてください。
機器分析施設連絡先 : TEL/FAX 099-285-7188

【設置場所】

理工系総合研究棟 6階

【特徴】

ハイブリッド トリプル四重極リニア イオン トラップ テクノロジーにより、1 回の分析でスクリーニング,同定,定量を実行できるようになりました。

【注意事項】

バイアル菅,HPLCカラムなどの消耗品は、基本的に測定者が持参してください。

[ページの先頭へ戻る]